グランパス

【瑞穂区情報】パロマ瑞穂スタジアム改築の具体案が出ていた♪2026年の完成が本当に楽しみ♪

 

以前より『みずほん』でもご紹介していた、

 

パロマ瑞穂スタジアム』(瑞穂陸上競技場)の大改修!!!

 

【瑞穂区情報】2026年名古屋でのアジア大会に向けて!パロマ瑞穂スタジアムが大改修を予定している♪【瑞穂区情報】2026年名古屋でのアジア大会に向けて!パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)が大改修を予定している♪...

 

具体的な改築の方向性と大まかな事業計画が公表されていました♪

 

どんなスタジアムになるの??

 

報道されている記事にはこうありました↓

 

同競技場の改築事業では、老朽化している現施設を取り壊し、2層構造(一部1層)収容人数3万席規模の新スタジアムを建設する。スタジアムの全周には高さ31メートルの大屋根を設けるほか、バリアフリーや選手、観客、VIPの動線分離などを盛り込む。2026年のアジア競技大会では、メインスタジアムとなる。大会時にはフィールド内に仮設席を設け、最大3万5000人を収容する予定。総事業費は約610億円を見込んでいる。

 

豊田スタジアムと比べて、劣っていた雨対策。

 

そして、ここ最近は満員が続いている瑞穂の状況を考えると、

 

3万人規模のスタジアム(瑞穂)+4万人規模のスタジアム(豊田)の使い分けで、

 

グランパスの試合をしていくのはとてもいい環境となりそうです♪

 

もちろん陸上の大会でも素晴らしい環境となるはずです!!

 

どういうスケジュール??

 

大まかですが、2026年に向けたスケジュールも報道されていました。

 

20年度内に事業者を選定し、21年度から設計と既存施設取り壊しに入り、23年度着工、25年度内の完成を目指す。

 

そして、2026年のアジア大会を迎えるわけですね♪

 

あと7年後に素晴らしいスタジアムが完成すると思うと、

 

本当にワクワクします♪

 

みずほん』では、また事業の進展がありましたらお伝えしていきます♪

 

↓参照記事
【総事業費610億円、全周に大屋根架設】瑞穂陸上競技場改築(瑞穂区)、民活導入で事業者ヒアリング実施へ
(日刊建設工業ブログ)
*この記事情報は2019年9月25日現在のものです。

『みずほん』瑞穂区情報ページ
毎日!
瑞穂区情報を更新中!!!
→トップページへ