ニュース

【2021年(令和2年分)確定申告】いつから?名古屋のどこで出来る?調べてみました!

*トップ画像は国税庁ホームページからの転載です。

 

いよいよ【2021年・令和2年分】の確定申告の時期がやってきました!

名古屋ではどこで確定申告ができるのか?調べてみました!

 

いつからいつまで?

国税庁のホームページにはこのような記載が↓

令和2年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、令和3年2月16日(火)から同年3月15日(月)までです。なお、還付申告については、令和3年2月15日(月)以前でも行えます。

詳細は【確定申告期に多いお問合せ事項Q&A】こちらでも確認できます。

*緊急事態宣下発令に伴い、期間が令和3年4月15日まで延長される発表がありました。

緊急のお知らせ(国税庁ホームページ)

 

どういう方法で出来る?

(1) e-Tax(電子申告)で申告する。

(2) 郵便又は信書便により住所地等の所轄税務署に送付する。

(3) 住所地等の所轄税務署の受付に持参する。

 

今回は感染リスク軽減のために、e-TAXや郵送の利用を勧める内容の記載がありました。

感染リスク軽減のため「ご自宅からのe-Tax」をご利用ください。
国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に沿って金額等を入力することにより、確定申告書を作成することができます。作成した申告書等は、e-Taxを利用して提出することができます。 また、印刷して郵送等により提出することもできます。(昭和税務署ホームページからの引用)

また、確定申告会場での申告書の作成と提出もできます。

*緊急事態宣下発令に伴い、期間が令和3年4月15日まで延長されることに伴い、申告会場の変更があります。

↓こちらをご確認ください。

令和2年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ(期限延長に伴う変更のお知らせ)

*会場内の混雑緩和のため、確定申告会場等への入場には、入場できる時間枠が指定された「入場整理券」が必要となります。詳細はこちらをご覧ください↓
確定申告会場等への入場には「入場整理券」が必要です(名古屋国税庁HP)】

*税務署の閉庁日(土・日曜・祝日等)は、通常、相談及び申告書の受付は行っておりませんが、一部の税務署(確定申告会場)においては、2月21日(日)と2月28日(日)に限り、確定申告の相談及び申告の受付を行うようです。
令和3年2月21日(日)及び2月28日(日)に確定申告の相談等を行う税務署

 

私の住む地域の管轄はどこの税務署?

(税務署名)/(管轄地域)
千種/千種区、名東区
名古屋東/東区
名古屋北/北区、守山区
名古屋西/西区清須市、北名古屋市、西春日井郡
名古屋中村/中村区
名古屋中/中区
昭和/昭和区、瑞穂区、天白区、日進市、長久手市、愛知郡
熱田/熱田区、南区、緑区、豊明市
中川/中川区、港区

各税務署の案内や情報はこちらをご覧ください↓
税務署所在地・案内(愛知県)(国税局HP)

 

より詳しい情報はこちらへ!

この記事情報は2021年1月7日現在のものです。
最新情報は必ず国税庁ホームページ等をご確認ください。

確定申告に関する詳しい情報はこちら↓をご覧ください。
「令和2年分 確定申告特集」 (国税庁ホームページ)

所得税の確定申告書等を作成される方へ(名古屋国税局HP)